HOMEお問い合わせ支援企業リストサイトマップENGLISH
あけぼの会事務局  〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-4-701  TEL:03-3792-1204(月〜金 10:00〜16:00)  FAX:03-3792-1533  akebonoweb@m9.dion.ne.jp

主な活動

親睦会・お食事会・温泉旅行

【新潟支部】いで湯の旅《2016年5月22日(日)》

5月22日(日)講演会の後、五頭温泉郷・村杉温泉『長生館』へ向かいました。

全国有数のラジウム含有量を誇る温泉水でいれたお茶をいただき、先ずは温泉に入りました。この温泉郷の旅館はピンクリボンに優しいお宿ということで、貸切風呂が無料です。それぞれ、貸切風呂や大浴場に入りました。大浴場は、新緑のきれいなお庭の中でお風呂に入っているような気分です。

お食事の時は、参加者20名の近況報告をしました。県外から参加された4名の方々、入会間もなく初めて参加した会員、30年以上在籍している会員、それぞれの思いを話してくださいました。

翌日は、宿泊できなかった会員も参加して、22名で全国初の『レストランバス』に貸し切りで乗車しました。二階建てバスの1階で調理したものを2階の席でいただきながらの観光です。田植えが終わったばかりの新潟平野を眺め、阿賀野川を渡って、豪農の館見学、酒蔵見学、イチゴ狩りもありました。こだわりの農家が作った食材を使い、新潟ならではの発酵食品などを使った創作料理に舌鼓を打ちました。地元のワインやビールも振る舞われ、ほろ酔い、お腹もいっぱいで大満足の『レストランバス』でした。

北海道、千葉から参加して下さった方々、ありがとうございました。楽しい思い出を胸に明日からの元気を持ち帰りました。

(新潟支部長、内藤桂子)

 

 

【あけぼの兵庫】春の集い「日帰りバス旅行」《2016年4月21日(木)》

2016年4月21日(木) 滋賀県近江八幡散策 参加者15名

あけぼの兵庫の行事はいつもお天気になるというジンクスがあるのですが、今回は残念ながら神戸を出発するときから雨が降り出してしまいました。

あけぼの兵庫のおばさま達は、湿りがちなムードを払いのけるような高笑いと大声のおしゃべりでバスの中は賑やか!心の中で「どうぞすごい風雨になりませんように!」と祈りながら、最初の目的地の近江八幡水郷巡り舟乗場へと向かいました。小雨の中、芽吹きはじめたヨシが生い茂る水郷を手こぎ舟に乗って、墨絵のような光景に心が癒された思いがしました。その後、お目当ての日牟禮(ひむれ)近江八幡宮の茶屋にて昼食。(あっさりしてお上品な味で美味しかった!)出発時間までは、日本で数多くの西洋建築を手懸けたヴォーリズ建築物を見学したり、和菓子、洋菓子など、皆さんお土産に購入されていました。

雨の中の遠足でしたが、あけぼの兵庫のパワーは「雨にも負けず」でした。

(あけぼの兵庫代表・有本幸代)

 

 

【あけぼの岡山】親睦会《2016年3月21日(月)》

ワット会長が、2016年3月21日、岡山に途中下車してくださいました。

15日から広島の娘さんのところへ行かれたあと、東京への帰り道で、3連休最後の日でしたが、総勢13名集まりました。

駅前のホテルグランビアの最上階でランチバイキング(ネット上でかなり白熱している!)、広々として眺望は最高、でも90分間限定なので、 食べる時間も惜しんで、おしゃべりおしゃべり、またおしゃべり!中にはマイペースで、しっかり食べてた人もいましたが、本当に楽しいひと時でした。

岡山支部で最長老の難波澄子さん(90)次いで、塩見純子さん(80)のお二人は会長さんとも長いお付き合いなので、昔話に花を咲かせていました。

ほかの会員は比較的若いので、会長さんが「岡山は若い!」と感嘆していました。
ワットさんも若くて、とても魅力的、人が集まるのも当然って、人気沸騰でした。
ワットさん、また来てくださ〜い!!!」

(あけぼの岡山代表、宮本絵実)

 

 

【あけぼの静岡】新年総会《2016年1月16日(日)》

ワア〜驚いた!!会長さんが居る?かも?えー!

そんな驚きの声・声で始まった新年総会。会長さんのサプライズは静岡駅から始まっていました。JRの改札口で何人かの会員さんが集合していたので、新幹線から降りてきた会長さんとみんなに合わないよう、道順をかえて会場へ会場に着いても、会長さんのいたずら心は止まらない帽子を目深にかぶり一番後ろの隅の席に。会員さんが次々と会場に着き「あれ誰かしら?」そして「え〜!」というサプライズゲストの会長さん登場。

驚きとうれしい気持ちが一杯の新年が始まりました。

新年総会と大げさ名前になりましたが、とにかく美味しいお弁当を食べながらこれから始まる一年間の話しをしましょう。とそんな感じでしたが、会長さんの参加で俄然引き締まった会となりました。自己紹介、病歴、入会のきっかけなど手短に話し、会長さんの話しとなったのですが、全員の名前をすぐに覚え席順のとうりに、スラスラと・・・会長さんの記憶力に脱帽でした。

暖かな静岡の楽しい、新年総会となりました事感謝、感謝です。

(あけぼの静岡代表・星野希代絵)

あけぼの静岡 新年総会

静岡市追手町COMOTEビル3F会議室で行われました。

今回は、あけぼの本部よりワット会長が参加でした。

自己紹介及び近況報告、そして昼食会(美味しいお弁当を頂きました)、あけぼの静岡の今後やりたい事 年間行事などみんなで話し合いました。

ワット会長のアドバイス・お話しも有り、優しさ、パワーを頂きました。久し振りにお会いした、みんなの素敵な笑顔と、ワット会長のお言葉で今年も、私なりに、頑張っていこうと思った1日でした。

(あけぼの静岡会員・中原さゆり)

 

 

【徳島支部】 阿波踊り《2014年8月15日(金)》

阿波踊り、ピンクリボン連、踊りまくりました!

みなさん、踊ってきましたよ、初体験。会長さんは最前列の真ん中という、宮城・徳島県支部長の確固たる命令で逃げられない位置、途中でへこたれたらみっともないとずいぶん緊張しました。夜空を明々煌々と照らすライトの中、大通り大舞台、いざ出陣!ピンクリボン連のあけぼのおばさま軍団、いやーすごい見ものでした。あれだもの、踊る阿呆と言われてしまう。行く前は恐怖でいっぱいだったのに、いざ本番となれば、もう踊るしかない、今でしょ!と腹をくくる。

奈良、滋賀、岡山の支部長たちは病みつきになって、4度目5度目の参加とか。あの雰囲気、狂気、かね、太鼓、三味線、笛のはやし、騒音、異様な熱気、踊り終えた後の笑いたくなるような快感。小さい声で言いますが、私も完全に病みつきに。来年は孫を連れて行こうかと、ひそかに楽しみにしています。

よくよく考えてみると、いくら踊りたくても、勝手にはあの群列には入れないところ、チャンスを授けてくださった徳島大第2外科の丹黒教授先生他と徳島のあけぼの会に感謝せねばならないことに今頃になって気が付きました。すみません。

クライマックスは丹黒先生が、マイクで「検診を―」と叫ぶと、踊っている一同が「受けましょう――」とリズミカルに絶叫する一幕。ただの踊る阿呆じゃない、これもあれも世のため人のため、という健気な心意気が見事でした。

「人生一度きり、なんでもやるべき」は私の口癖、阿波踊りはその最たるもの?がん患者には、あの心地よい緊張と刺激、達成感が免疫力を付ける妙薬、全国のあけぼの会のみなさん、来年はこぞって参りますわよ!

報告:ワット隆子会長