HOMEお問い合わせ支援企業リストサイトマップENGLISH
あけぼの会事務局  〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-4-701  TEL:03-3792-1204(月〜金 10:00〜16:00)  FAX:03-3792-1533  akebonoweb@m9.dion.ne.jp

主な活動

ABCEF  Akebono Breast Cancer Educational Force(あけぼの・乳がん・教育・部隊)

2007年1月にスタートしたABCEF活動。携わっている会員のみなさんの地道な努力のおかげで、社会に広く受け入られるようになりました。地域の保健所はもとより、女性従業員の多い企業・趣味や育児のサークル会場等に出向き、自己検診の大切さと定期的な検査の必要性を熱く語って乳がんの啓発を続けています。全国どこにも会員がいますので、大概のところへは出向く事が出来ます。

ご用命ください!!(あけぼの会事務局 E-mail:akebonoweb@m9.dion.ne.jpまでお問い合わせください)

●ABCEFとは

地域の保健所などからの要請を受けたとき、出向いて、乳がんに関する教育プログラムを提供する部隊

●対象

主に、小中学生、女子高生、女子大生、PTA, 保健所、企業の従業員など

●教育内容

1)自己検診、マンモグラフィーの重要性や方法を説明する
2)体験発表(乳がん体験、特に発見、病院選び、手術から治療に至る過程など話す)

●ABCEFスタッフ(あけぼの会会員)の養成

各支部の支部長さん対象の研修会を開き、あとは各支部で研修会を実施する

●寄付金の活用

エスティ ローダー (株)ほか数社からいただいた寄付金をこのような社会的意義のある活動のために使っています。

 

ABCEF-Akebono Breast Cancer Educational Force (乳がん教育活動)報告

●「小学生にいのちの授業」(2016年2月13日)

報告:宇田川光子・ABCEF東京メンバー

東京都荒川区で行われている「がん予防授業」に2012年から参加しています。「小学6年生にがん体験を話す」というものですが、がんという重い話をどのように話したらよいものか。「おっぱい」という言葉を使っていいのか、「死」という言葉は恐怖心を与えてしまうのではないか、当日まで迷いました。でも、体験談だから、ありのまま感じたことを話したい、と思いました。

「がん予防授業」を始めるに当たって、保健所の方々にはかなりのご苦労がありました。小学生にがんの話という提案を、学校に理解をしてもらうのに、何度も足を運んだそうです。かなり画期的なことだったのです。私は、とても素晴らしい企画、特に「がん」について全くわからない子供たちにこそ体験談を聞いて欲しい、と思いました。

一部はクイズ形式でがんの知識を学び、肺がんなどがん全般の勉強をし、二部で体験を。体験を話し出すと、児童たちは真剣に身を乗り出して聞いてくれ、まっすぐ受け止めてくれているのを感じ、この子たちは子供じゃない、と心に染みてきました。「死ぬのは怖いですか?」と直球の質問には、逃げずに「はい、とても怖かったです」と本音を答えました。「僕は入院したことがあって、とても怖かったです」という子に「大人でも入院は怖いものだから、きっと怖かったと想像します」と理解を示し、「私のおばあちゃんも乳がんで、今日お話を聞いて、おばあちゃんもこんな気持ちだったんだろうなと思いました」との女子の言葉には感心しました。

色々な質問に答えながら、初めての出会いだったのに、距離がぐんと近づいた感じがしました。最後には「お家に帰ったら、お母さんやおばあちゃんに今日の話をして『検診を受けて』と言ってみてください。みなさんからお願いすれば、きっと聞いてくれると思います」とおねがいします。

●「教科書からは学べない生きたテキスト」(2015年5月21日)

報告:持田豊子・埼玉支部長

1997年ころ、県より、がん拠点病院のがんサロン立ち上げのアドバイスをしてほしいとの依頼を受け、国立埼玉病院、川口市立医療センターのお手伝いをしました。この時、講演会の講師を頼まれ、副支部長の境さんと一緒に、あけぼの会の活動、心のケア、啓発活動等をお話ししました。そのことが、埼玉支部のABCEF活動のきっかけとなりました。その後、埼玉医科大学国際医療センター看護学部の学生さんに患者の思いを伝えてほしいとの依頼があり、それが学校訪問の始まりとなりました。

その後、県や地元の医師・教授の紹介で、日本医療科学大学と埼玉県立大学の学生さんにも講義を行いました。将来の医療従事者の方々に、患者の思い、本音を話ししました。「教科書では学べない現場を知り感動しました」「将来、看護師になったときの決意」についてのレポートを読んで、患者の思いを素直に受け止めていただいたことに、私たちのほうが感動することもしばしばありました。

そして、卒業後に病院勤務の中で、乳がん患者さんに、あけぼの会の事をPRしてくれているのを知り、驚きました。境さんの入院中に、とても親切な看護師さんがいて、その方が学生の時、私たちの講義を受けた方で、再会を喜んだとか・・うれしい限りです。

また、県のピアサポート研修会、生きる教室では、入間市金子中学校に、東京医科歯科大学大学院がんゼロ講座には2年ほど、獨協医科大学越谷病院、県立大学緩和ケア講座にも。更に一般向けには、男女共同参画「ほっと越谷」で啓発活動もしました。先日も、埼玉県子育て支援講演会草加藤幼稚園、独協大学主催の講演会に伺ったのですが、その様子が埼玉テレビのニュースで放映されました。

●「普段の生活に感謝」(2015年5月20日)

報告:星野希代絵・あけぼの静岡代表

あけぼの静岡では、2008年、地域の中学校のPTAからの依頼を受けて、ABCEF活動が始まりました。その後、静岡市内の看護専門学校で、定期的に授業の中で取り上げてもらっていて、会の活動について、早期発見の大切さ, 自分の乳がん体験などを話しています。

また、がん予防講演会、市民健康講座などに参加して、乳房モデルを使っての自己触診の説明、マンモグラフィ検診・エコー検査などへの積極的参加を呼び掛けています。

2015年からは「がん教育」のモデル高校でも活動しています。2015年10月には県立袋井高校の2年生を対象に、患者からのメッセージとして、がん発見時の様子、手術と抗がん剤治療、患者会との出会い、患者会の活動などについて話しました。生徒からは「がんの話を聞いて、改めて、がんは怖いものだと感じた。それと同時に、がんになっても希望を捨ててはいけないと思った。がんになって、今までは当たり前だった普段の生活に感謝したり、人生をより良くするために、努力を惜しまなくなったりすると思う。今は何もかも出来る状況に感謝しながら生活していきたい」という感想をもらいました。

●「乳がんから女性を守ろう」(2015年1月26日、2月28日)

報告:宮本絵実・あけぼの岡山代表

1月26日、岡山市からの依頼で、市内東区古都地区愛育委員会の総会・例会にて、会員の岡 房枝さんが体験を話しました。40名の愛育委員さんを前に、自分の乳がんがわかった経緯やその時の気持ちを話し、、早期発見・早期治療の大切さを強調しました。みなさんの目を見て、ゆっくりと話しをするので、日頃から、健康と福祉に関わるまちづくりを目指して活動する愛育委員さんたちを、たちまち引き込んでいきました。

女性が活躍するイメージの強い愛育活動ですが、この地区は会長さんも男性で、参加の中にも男性の姿も数あり、地区をあげての健康意識の高さが伺えました。「男性にも乳がんがあるのですよ」との一言に驚いていました。

2月28日、「第12回乳がんから女性を守ろう」市民公開講座にて、あけぼの岡山・宮本絵実代表が講演しました。主催の岡山県診療放射線技師会からは、毎年依頼をいただき、今年は6年目、県内各地で講演しています。

会場は倉敷成人病センター。外科部長・仁科 拓也先生の「乳がん検診について」、同 診療放射線技師・寺園 志保先生の「実際の検査について」の2講演のあと3人目の演者として登壇。題は「乳がん、早期発見のおすすめ」。この日初めてマンモグラフィ検診体験をする20名の方を含め約80名の方に、わかりやすい語り口で早期発見につなぐ大切さを話しました。

今年はこの他にも7月に2件、8月に1件、10月には〈高梁健康福祉のつどい〉にも呼んでいただいています。多くの会員がABCEF活動に参加できるよう、6月4日に勉強会も初めて企画しました。(あけぼの岡山副代表・槌田史子)

→2014年以前の報告はこちら