HOMEお問い合わせ支援企業リストサイトマップENGLISH
あけぼの会事務局  〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-4-701  TEL:03-3792-1204(月〜金 10:00〜16:00)  FAX:03-3792-1533  akebonoweb@m9.dion.ne.jp

主な活動

ABCEF  Akebono Breast Cancer Educational Force(あけぼの・乳がん・教育・部隊)

2007年1月にスタートしたABCEF活動。携わっている会員のみなさんの地道な努力のおかげで、社会に広く受け入られるようになりました。地域の保健所はもとより、女性従業員の多い企業・趣味や育児のサークル会場等に出向き、自己検診の大切さと定期的な検査の必要性を熱く語って乳がんの啓発を続けています。全国どこにも会員がいますので、大概のところへは出向く事が出来ます。

ご用命ください!!(あけぼの会事務局 E-mail:akebonoweb@m9.dion.ne.jpまでお問い合わせください)

●ABCEFとは

地域の保健所などからの要請を受けたとき、出向いて、乳がんに関する教育プログラムを提供する部隊

●対象

主に、小中学生、女子高生、女子大生、PTA, 保健所、企業の従業員など

●教育内容

1)自己検診、マンモグラフィーの重要性や方法を説明する
2)体験発表(乳がん体験、特に発見、病院選び、手術から治療に至る過程など話す)

●ABCEFスタッフ(あけぼの会会員)の養成

各支部の支部長さん対象の研修会を開き、あとは各支部で研修会を実施する

●寄付金の活用

エスティ ローダー (株)ほか数社からいただいた寄付金をこのような社会的意義のある活動のために使っています。

 

ABCEF-Akebono Breast Cancer Educational Force (乳がん教育活動)報告

●【あけぼの福岡】ABCEF 報告(2017年1月30日)

(写真提供:九州・中四国・東海・関西医事新報 編集部、小鉢佳氏)(写真提供:九州・中四国・東海・関西医事新報 編集部、小鉢佳氏)1月30日(月)、ABCEFのため、深野代表と体験発表をする会員3名で博多高校学校を訪問しました。
看護専攻科の4年生、5年生130名が講堂に集まり、私たちを拍手で迎えてくれました。若い方々の熱気に、とても緊張しました。

始めに、深野代表よりあけぼの会の活動、がん患者の悩みや、乳がん検診などについて説明。
その後3人が体験発表を行いました。
乳房のモデルで触診も体験して頂きました。
5年生は看護師の国家試験を前に猛勉強の中、4年生は看護実習直後と伺い、さぞ疲れていらっしゃると思いきや、熱心に聞いてくれました。先生方の熱意と生徒さん方の聞く姿勢に素晴らしい未来を感じ、とても感動しました。たくさんの学生さんと関わる事ができたのもまた、がんになったからこそ‼

これから看護師として現場で活躍される時、今日の話しが少しでも役にたち、患者さんに寄り添って頂ければ嬉しいなあと思います。2月19日に行われる看護師国家試験に5年生全員の合格をお祈りいたします。 (報告:福岡会員・熊本恵美子)

<感想>
・実際の体験から様々な心に残るお話は、今年4月から看護師になる5年生と実習を終えたばかりの4年生にとっては、貴重な機会になったと思っております。(竹原久仁子先生)
・コミュニケーションの重要性が良く分かりました。看護師になった時、自分の言葉や行動に責任を持たねばならないと実感しました。
・患者会やピアサポートが患者さんの支えになっていることが良く分かりました。看護師になった時、患者さんに伝えたいと思います。
・乳がんの早期発見、早期治療の重要性が良く分かりました。私の母も乳がん罹患率が高くなる年代に入っているので、帰宅して内容を伝えたい。

 

●「お母さん、乳がんで死なないで!」東京学芸大学附属高等学校でABCEF 報告(2016年12月22日)

女子高生のKさんからの依頼で実現しました。(写真提供:東京学芸大学付属高校)女子高生のKさんからの依頼で実現しました。(写真提供:東京学芸大学付属高校)2016年の秋、女子高生のKさん(2年生)からABCEFの依頼がありました。

「総合な学習の時間に、乳がん啓発(特に娘から母親へ)を個人の課題として勉強しています。
つきましては、乳がんに関する講習を行っていただきたい。
もしくは講習に関してアドバイスをお願いしたい」という内容でした。

現役の高校生からの依頼は初めてでしたので、都合の良い放課後に事務局に来てもらい(高校と事務局、じつは同じバス路線)、ワット会長が相談にのりました。

12月22日(木)2学期の終業式の午後、高校のインカフェ(交流の場)で、乳がんの知識を得たい生徒対象に講習を行うことになりました。当日は担当の先生と女子生徒15人が参加してくれました。

初めにKさんがパワーポイントを使って乳がんの説明。
続いて私が体験談と、事前に保健所から借りてもらっていたマンマモデルを使ってセルフチェックの説明。
参加者は初めて見るマンマモデルに目が点!最初はおそるおそる触りつつも、真剣に触診の方法やしこりの存在を確認しあいました。
短時間でしたが、生徒主導の実りある講習になりました。

最後に「自己検診の大切さと方法を覚えて、家に帰ったらお母さん・おばあちゃんにも教えてね。気になることがあったら乳腺科を受診して!」と、伝えました。   (報告:事務局ABCEF担当 島崎亮子)

 

●【あけぼの新潟】ABCEF がん教育モデル授業 報告(2016年10月18日)

熱心に話を聞いている高校生のみなさん熱心に話を聞いている高校生のみなさん10月18日(火)県立栃尾高校にて、来年度から本格的に行われる小学校、中学校、高校でのがん教育を前にモデル授業が行われました。
2年生を対象とした保健体育の授業の中にがんを理解してもらうための内容を取り入れるというものです。
 
私は、外部講師という立場で、体験談を30分お話させていただきました。
3時限めの保健体育の先生の授業を見学させていただき、4時限めに3クラス約100名の生徒さんを前にお話させていただきました。
 
授業では、日本では検診率が低いけれど、どうしたらもっと上げることができるか、がん患者を社会でサポートするにはどうしたらよいか、などグループで話し合われました。
検診については、おまけをつけて受けてもらうようにするなど若者らしい意見や会社全体で検診の日を決め、必ず全員受けるなどよい意見が出ました。
がん患者のサポートは、会社の休みを取りやすくするなどの意見も出て、みんなでしっかり考えてくれている様子がわかりました。
 
私の話も皆さんが静かにメモを取りながら、聞いてくださる態度にたへん感心いたしました。
私が中学、高校生の頃、外見が変わってしまう乳がんにだけはなりたくなかったことや告知された時は、命が助かるなら、手術を受けようと思ったことをお話しました。
治療のことや再発しても、がんと共存しながら生きていることをお話しました。

ピンクライトアップと3つの祈り、しこりを見つけたら、どこを受診するかなど、クイズ形式でお伝えしました。
生徒さんがどのような感想を持たれたのか、お聞きしたいと思っています。    (代表:内藤桂子)

 

 

●【あけぼの埼玉】ABCEF 報告(2016年10月4日)

正面向かって左、島崎さん、隣持田支部長 (撮影:2016年10月6日)正面向かって左、島崎さん、隣持田支部長 (撮影:2016年10月6日)10月4日(火)今成小学校に置いてPTAの方がた37名の参加、
6日(木)城南中学校に置いてPTAの方がた22名の参加でした。
今回、川越保健所から依頼の啓発活動でした。

2つの学校のPTA のみなさんに、乳がんの体験談、セルフチェックについてお話してきました。
6日には、本部から島崎亮子さん(ABCEFコーディネーター)が来て話しをしてもらいました。私自身とても勉強になりました。

教頭先生の挨拶、その後「男性は関係ないので」と帰りかけた先生を引きとめるべき、すぐに男性乳がんの話かけをされ、その自然な呼びかけに、一遍で皆さんが島崎さんの話に引き込まれました。流石でした。

今回、乳がん触診モデルも置き、私たちがそばで話をしながら、その感触を体験していただきました。
皆さんが参加できる取り組みに、保健所の方も、(2名とも男性)「自分たちが話をしても、ああはいかない」と、感心していました。

参加者の方も、乳がんのことが身近に感じたようで、「自己検診します」「市の検診に行きます」など、お声をいただき手ごたえを感じて帰ってきました。島崎さん、ありがとうございました。
島崎さんのお話を参考に、19日の中学校の啓発活動も、がんばって来ます。    (報告:支部長・持田豊子)

 

●【あけぼの大阪】ABCEF活動報告(2016年9月21日)

若い方の参加で、啓発活動。若い方の参加で、啓発活動。日時:9月21日(水)11:00~12:00
場所:朝日生命難波ビル11階 大会議室

今回は、朝日生命保険相互会社さんからの依頼があり、がん看護専門看護師さんと、あけぼの大阪会員の3人で啓発活動をして来ました。
参加者は30名程でしたが、比較的若い方が多かったと感じました。
小林麻央さんの事もあり、皆さん、看護師さんの講演は、資料を見ながら、一生懸命聞かれていました。

あけぼの大阪会員の体験談は、ご自分の事を、少しユーモアを交えながらも、乳がんの告知を受け、それからの辛かった事を話してくれました。
もし、自分が乳がんになったとしたら・・・
「今日参加された皆さまは、今日の事を思い出してほしいなぁ。」と、思いながら、聞いていました。

最後にはあけぼの大阪の紹介もさせて頂き、本当に貴重な時間を皆さまと過ごさせて頂きました。
これからも、体験した事を話し、啓発して行く事で、検診の大切さを伝えて行きたいと強く感じました。
朝日生命の皆さまに感謝申し上げます。   (報告:代表 中田圭子〉

 

●【あけぼの岡山】ABCEF 報告(2016年7月〜9月)

正面中央、槌田史子さん(2016年7月30日、政田学区愛育委員会からの依頼での講演会。会場、政田コミュニティハウス)正面中央、槌田史子さん(2016年7月30日、政田学区愛育委員会からの依頼での講演会。会場、政田コミュニティハウス)今年は岡山市愛育委員会(岡山独自の制度の健康委員会)からの講演の依頼が相次ぎ、7月から9月の間に5会場で延べ320名の方に「乳がん早期発見のおすすめ」と題してお話をさせていただきました。

簡単ながんについての説明、自己検診の実演も交え、自らの体験を中心に話を進めますが、患者でなければわからないこと、例えば、だるさ、かゆみ、重痛さなど 乳がんとわかる前の 乳がんの症状とはいえないまでも、自分たちが感じていた身体の出すサインのようなものもお話し、検診、受診の啓発につとめます。

会場により、持ち時間や担当者も変わりますが、その都度、ABCEF勉強会を開催し、皆で原稿をチェックし、読み合わせ練習をしてそれぞれの本番に臨みました。

講演後、「乳がんはしこりだけではないんだ と初めて知りました」とか「今年は必ず検診に行きます」「自己検診します!」などの感想をいただくと、それまでの緊張が一気に解けます。

今年はまだ来月に2件、11月にも1件依頼をいただき、会員総出で頑張っています。     (報告:副代表 槌田史子)

 

●【ABCEF・東京】報告(2016年7月4、13日)

真剣に話を聞いている学生さんたち真剣に話を聞いている学生さんたち高千穂大学・大妻女子大学でのABCEF活動報告

高千穂大学人間科学部・教授 長谷川万希子先生のご依頼を受け、7月4日大妻女子大学と7月13日高千穂大学、両校の医療社会学授業にABCEF活動を行ってきました。両校での活動は5年目となります。

長谷川先生のレジュメに従って進行し、あけぼの会設立のきっかけ、会の活動、乳がんとは、自分自身のがん体験、一般的な治療法、医療機関の選び方、早期発見の大切さ、自己検診の方法など1時間半の授業の中で幅広くお話をさせていただきました。

高千穂大学は出席者の7割近くが男子学生でした。
両校の学生ともメモを取りながら真剣に聞いてくれました。
後日、長谷川先生から学生たちの提出した授業レポートをいただきました。
受診は何科か、女性の12人に1人が罹患、若年性乳がんの増加、稀に男性も乳がんになるなどの話しには両校の皆さん驚いていたようです。

【学生さんのレポートから】
●テレビなどで放送されていてもそれほど気にしていなかった乳がんは、自分の身近に起こるかもしれないと真剣に考えた。
●乳がんだけでなく、がんは自分自身にも家族にもあらゆる面でたいへん辛いものとなると改めて感じた。
●もし患者となってしまっても、できるだけ良い状況でいるために早期発見、治療が大切で、自分自身はもちろん、家族や大切な人に検診を勧めたい。        (報告:ABCEF・事務局スタッフ・渡辺智恵子)

 

→以前の報告はこちら