HOMEお問い合わせ支援企業リストサイトマップENGLISH
あけぼの会事務局  〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-4-701  TEL:03-3792-1204(月、水、金10:00~16:00)  FAX:03-3792-1533  akebonoweb@m9.dion.ne.jp

巻頭記事

巻頭記事

【受付開始!!】 「あけぼの会・秋の乳がん講演会Ⅱ」      《2015年7月6日更新》

2015年07月06日 更新

2013年秋の全国大会 (朝日ホールにて、2013.10.16)2013年秋の全国大会 (朝日ホールにて、2013.10.16)10月に開催のビッグイベントは従来「あけぼの会秋の全国大会」と銘打って案内をしていた。しかし、これでは、あけぼの会会員だけの総会と思われていたのだと人に言われて、初めて納得した。よって、今年からは、「全国大会」を外して、「秋の講演会」とした。広く一般のみなさんにも参加していただきたいと願っているからなんです。大体、あけぼの会は総会と名の付く会は37年間、一度も開いたことがない。総会で、年間の会計報告とかするのは聞いてても面白くないし、時間の無駄だと思っている。私たちの大会はのっけから、すぐに本番、誰も退屈させない。
今年は基調講演のほかに3人のドクターをお招きしている。あけぼの会が地方に支部を作ったときから、30数年に亘って応援してくださって、それも講演とかだけでなく、催しなどあれば、会員と一緒になって力を貸してくださった、ざっくばらんな先生方。徳島の森本先生は、講演会終了後にみなと一緒にイスを運んで片づけをしてくださった。新潟の佐野先生は母の日キャンペーンにはお得意のカメラで写真を撮ってくださった。岡山の園尾先生は大阪大会のとき、ご自分が岡山で学会をされていたのに、ワットさんに頼まれて来ないと叱られるから他の先生に頼んで来ました、と講演をしてくださった。先生はまた支部の人たちとカラオケに行って、まあ、バカ騒ぎ(あれっナイショだった)。他にもいろいろエピソードはある。とにかく、この先生方は支部の会員にとってはお友達のよう、みな教授級のお偉いドクターなのに。
感謝状とバラ1本を贈呈、今から感謝状の名文を考えている。今年の大会に、こういう展開を思いついてとてもうれしい。やはり昔お世話になったお礼はきちんとしなければ、ですよね。誰より、支部の会員が喜んでくれるのがうれしい。これも一つのショー!みなさん、見に来てください。70歳超えた若々しいドクターが真紅のバラ1本をいただく姿を見に来てください。  ワット