HOMEお問い合わせ支援企業リストサイトマップENGLISH
あけぼの会事務局  〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-4-701  TEL:03-3792-1204(月〜金 10:00〜16:00)  FAX:03-3792-1533  akebonoweb@m9.dion.ne.jp

イベント情報

講演会報告

【あけぼの神奈川】 公開医療講演会 報告

2017年06月11日 更新

6月4日(日)、横浜市開港記念会館で慈恵医科大学附属病院 麻酔科ペインクリニック、亀田メディカルセンター 乳腺痛み外来の小島圭子先生をお招きして講演会を行いました。

タイトルは「「私の痛み、どうしたらいいの?~乳がん患者と痛みの上手な付き合い方~」
1部と2部に分け、盛りだくさんのお話でした。

自分の体を知り観察しておくこと、どんな症状でも何か対処法があるので辛い症状があれば、我慢していないで相談すること、治療は根気強くあきらめないで、など学びました。
乳房術後疼痛症候群で長い間悩んでいる乳がん患者が多くいらっしゃることもあらためて認識しました。
参加者から「とても有意義な会で先生のご講演やQ&Aコーナーなど大変参考になりました。・・・・辛いのは自分だけではないと実感でき、帰宅の道のりは心が軽くなったような気がしました。」とのメールもいただきました。以下、その他の参加者の感想です。     (報告:牧野葉子代表)

【参加した方からの感想】
・ 術後から続く傷近くの不快感について友人に相談したところ、この講演会に行ってみたらと紹介されました。術後の疼痛など慢性的に起こることが多くの患者に見られるのだとわかり少し安心しましたが、改善には長い時間を要するのだとわかり、上手くつき合っていける自分なりの方法があればいいなと思いました。 
・ 痛みにより対処方法が違うのを知らなかったので今日講演を聞いてとても良かったです。主治医には相談していますが痛みの感覚が個人差によるものだからと言われカロナールを処方されるだけでした。
 ・はじめてうかがうお話で自分だけが辛いのかと思いがちな気持ちが晴れました。抗うつ剤を処方されましたが、詳しい説明がなくすぐやめてしまいました。知識があれば続けたかもしれません。治療がないと思っていましたが希望が持てました。   
 ・貴重なお話をありがとうございました。患者は他の人がどうかの情報を持っていないため情報を公開して頂けると自分の状況が判り参考になります。他の人も痛みに苦しんでいることを知りました。
どんな症状でも何か対処法があるので辛い症状があれば、我慢していないで相談することどんな症状でも何か対処法があるので辛い症状があれば、我慢していないで相談すること