HOMEお問い合わせ支援企業リストサイトマップENGLISH
あけぼの会事務局  〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-4-701  TEL:03-3792-1204(月〜金 10:00〜16:00)  FAX:03-3792-1533  akebonoweb@m9.dion.ne.jp

巻頭記事

巻頭記事

北国札幌へ行ってきました。    《2017年9月11日更新》

2017年09月11日 更新

永倉久泰先生、大川由美先生を囲んで、ディナーパーティ!(2017/9/9 写真提供:あけぼの北海道)永倉久泰先生、大川由美先生を囲んで、ディナーパーティ!(2017/9/9 写真提供:あけぼの北海道)9日土曜日は札幌講演会、実に3年ぶりに北の大地に足を付けて、はるばる来たぜ―サッポロ―♪でした。が、今日は疲れて、目も開かない。年取ると、翌日には出なくて、2日目くらいから疲れが出る。やはり移動がきつい。千歳空港の人の多さに参ってしまった。でも私の任務はこの後、11月5日に熱海のJBCPC日本乳がん患者会があって、同月19日に山口講演会、残すはこれだけなので、気分的には楽。今はニュースレターNo.147を作成中です。お届けは来月半ばころになるか、お楽しみに!
北海道は広いので、札幌まで3時間以上かかる人もいて、東京から名古屋へ行くより遠い。枝幸、様似、音更、函館、旭川、月形、苫小牧、あと美唄、江別、恵庭(どっか抜けたか?私の記憶です)それと勿論、地元札幌市内から大勢、全部で100人を超えた。私がいつも思うのはみなさんが乳がんを乗り越えて、健気に生きている姿、惚れ惚れします。身ぎれいにして、スマイルを絶やさず、社会の一員として、しなやかに生きている。
北海道のみなさんもそうだった。手術が5日後の14日という若い女性がご主人と来ていて、「来てよかった、これで、手術をしっかり受けることができる」とご主人共に少し涙を浮かべていた。ああいう人を見ると、あけぼの会で講演や体験談を聞いて、多く先輩の姿を見て、自分もできるという自信を付けてくれることが、とてもうれしい。やはり、あけぼの会はまだまだ続けるべきなんだわ、会長さん!(みなさん、私に自信をください)
北海道の気持ちのいい会員さんたちよ、あけぼのガールズよ、みなさんに再会できて、心からハッピーでしたよ、今度は、あなたたちが熱海に来る番じゃない?遠いけど、そんなこと言っている場合じゃない、でしょ?待ってまぁーす!
(ちなみに、北海道支部は来年創立30周年、長くがんばりましたね、エライ!)   ワット    akebonok@d9.dion.ne.jp