HOMEお問い合わせ支援企業リストサイトマップENGLISH
あけぼの会事務局  〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-4-701  TEL:03-3792-1204(月〜金 10:00〜16:00)  FAX:03-3792-1533  akebonoweb@m9.dion.ne.jp

イベント情報

講演会報告

【あけぼの福岡】 さくらんぼ会 報告

2017年10月03日 更新

日時:9月23日(土・祝)12:00~14:30
会場:養生カフェ「ことほぎ」
参加:20名 (先生、会員19名)

当日は、酷暑を乗り越えてやっと涼しくなりました。
養生カフェ「ことほぎ」にて、体に優しくて美味しい無農薬野菜を頂きながら、さくらんぼ会は開催されました。

初めての方4名、長崎2名、山口2名、佐賀から1名の参加がありました。
九州の他県には再発患者会はないそうで、さくらんぼ会は再発治療中の方々の大きな支えとなっているので、あけぼの福岡の会員は恵まれていると思いました。

特に今回はあけぼの会の顧問医、黒木祥司先生に直接相談できるので、皆さん自分のデーターを持参して、先生への質問にも力が入りました。黒木先生もいつもながら一人ひとりに丁寧に分かりやすく回答してくださいました。
骨転移の薬(ゾメダやランマーク)の影響で顎骨壊死を心配される方には、顎骨壊死はバイ菌が入らないとならないので、歯磨きを朝昼夕食後と寝る前の4回行い、歯周病の予防の為に歯医者にも定期的にメンテナンスに通うことが大切であるとの指導がありました。

Aさんは大学病院に通院でパクリタキセルとアバスチンの治療中で、パクリタキセルの痺れに悩まされています。
治療効果が出ているので、主治医に薬の量を減らして続けられないかと何度も相談したそうですが出来ないと言われたそうです。病院ではヒユーマンエラーを無くすために、薬の細かい調節はできないことも教えていただきました。
情報交換や仲間との交流の場として重要な役割を果たしている「さくらんぼ会」の活動に感謝しています。
多くの方が元気に参加できますようにと願っています。    (報告:足立理恵子・あけぼの福岡会員)

<参加者のアンケートから>

●初参加。皆さん治療に頑張りながら病気について良く勉強していて、私も元気に頑張ります。黒木先生のお話しやアドバイス、とても丁寧で心強いです。
●黒木先生からとっても的確なアドバイスをいただき感謝いたします。
野菜がシャキシャキで美味しくいただき、ごはんをおかわりしました。
●皆さんの話を聞いて、頑張っている様子が分かり、元気をもらいました。
黒木先生が裏情報までお話ししてくださって納得しました。
いつも一人ひとりに丁寧に分かりやすく回答してくださる黒木先生いつも一人ひとりに丁寧に分かりやすく回答してくださる黒木先生