HOMEお問い合わせ
あけぼの会事務局  〒812-0044 福岡県福岡市博多区千代5-1-4-620  TEL&FAX:092-651-1751(月、火、木10:00〜16:00)  akebonokai.since1978@gmail.com

My Story

My Story

「ダブルキャンサーだなんて」その②
山本康代(北海道枝幸郡)

2019年02月17日更新

ワインで乾杯!Happy Birthday to you♪ 2019/2/12ワインで乾杯!Happy Birthday to you♪
2019/2/12

★卵巣がんになる
 2016年4月(61歳) 乳がんから16年後に、原発卵巣がんステージⅢ、5年生存率30%、再発率70%と告げられる。抗がん剤TC(タキソテール、カルボプラチン)6クールを受ける。
  同年11月 ステージングオペ(長期的再発予防術)、卵巣卵管子宮、腹膜、大網、虫垂、他、目視にてがんがあれば除去した。 以後3か月置きにマーカー検査、6か月置きにCT検査

★今度はかわいいお嫁さんまで
 2017 年 ショック過ぎる出来ごとが起きる。 次男のお嫁さん(39歳)に乳がんが見つかったのです 。既にリンパ節、骨に転移があった。3番目の子供の授乳中だったこともあり、結果的には発見の遅れでしたが、最初の検診で、しこりを見せたにもかかわらず、がんとは診断されず、否定されたのです。これは完全に見落としでしょう。( 妊娠中、授乳中の若いお母さんたち、是非、しっかりとした検診を受けてほしいと願います)
 幸いお嫁さんは 現在治療中の抗がん剤が功を奏して、しこりが縮小して、少し安堵しています。 (当初、本人は手術をするものと思っていたけれど、主治医から「転移があるのだから、手術は余り意味がない」と言われ、今は抗がん剤治療を頑張っているところです)―――――――

★まさかの肝転移
 2018年12月(63歳) CTにて肝臓に再発転移?
 2019年  2月(64歳) 再発と診断確定、再び、抗がん剤TC治療開始、6クールの予定。 まだまだ再発治療のふたが開いたばかりですが 予定の治療をなんとかこなして、7月終了を迎え、終えて、9月にはワットさんの来道で再会できることを夢見て、 気持ちを奮い立たせていくつもりです。 応援してくださいね 。勿論、2020年の 東京オリンピックも見るつもり~~
さて18日の入院の準備をしよう(18日から札幌の病院へ入院して治療開始です)

命のキャンドルを灯して・・・命のキャンドルを灯して・・・

★そして今、夫と愛犬と晩酌で・・・幸せです!
 私たち夫婦は、過酷と言えば過酷な状況ではありますが、最高のポジティブスマイルで支えてくれている愛犬たちに癒されて、今夜も晩酌を楽しめることが出来て幸せです。
 これから始まる半年間の治療も、逃げ出すことなく、果敢に受け止めて、がんばります。そして寛解の暁には、また少しでも誰かの役に立てればと思っています。
           山本康代 

  おねがい!
私のような乳がんと卵巣がんのダブルキャンサー体験者のかた、メールをください。特に、卵巣がんの患者会が見つからなくて不安を抱えているかた、そして、同じ患者同士でお喋りがしたいと思っているかた・・・お待ちしています。
kamuko5309@docomo.ne.jp