HOMEお問い合わせ
あけぼの会事務局  〒812-0044 福岡県福岡市博多区千代5-1-4-620  TEL&FAX:092-651-1751(月、火、木10:00〜16:00)  akebonokai.since1978@gmail.com

My Story

My Story

乳がんと闘ってほぼ15年――それでも私は生きる! ③-3
藤井真理(あけぼの福岡)

2019年09月30日更新

〈さくらんぼ会★〉に参加しています<br /><span style="font-size: x-small;">★【あけぼの福岡】で再発乳がん患者さんだけにしぼった集まりです。<br />年3、4回(不定期的)開かれています。次回開催日等は、<br /><a href="mailto:akebonofukuoka2019@gmail.com">akebonofukuoka2019@gmail.com</a> まで<br />お問い合わせください。</span></span></span>  〈さくらんぼ会★〉に参加しています
★【あけぼの福岡】で再発乳がん患者さんだけにしぼった集まりです。
年3、4回(不定期的)開かれています。次回開催日等は、
akebonofukuoka2019@gmail.com まで
お問い合わせください。
●今度は頭皮にまで転移
 2018年7月、頭皮に2つの塊が出来ました。皮膚科にて細胞を摂取して検査した結果、がん細胞で、乳がんからの転移とわかりました。
 2018年8月より、抗がん剤をハラベンに変更。点滴注射週1回を2週受けて、3週目は休薬。副作用は、いろいろありますが、私は脱毛、便秘、下痢でした。吐き気は、ハラベンを点滴する前に吐き気止めを点滴するので、全く無かったです。脱毛も全部抜けることなく、抗がん剤を受けている期間も帽子をかぶり仕事に行っていました。
 ハラベン5サイクル(10回)を受けた頃、また左胸の乳がんがこぶのように大きくなり、痛みもあり、また頭皮のがんも大きくなっているので、ハラベンは中止。胸の痛みが強くなり、怖いのと、少し右胸に寄ってきている感じもあり、先生に放射線治療は出来ないかとお願いしてみました。
 2018年12月、放射線科を受診すると、放射線治療が出来るとのことで、電子線30Gyを10日間受けました。が、直ぐには縮小しませんでした。
 2019年1月より、治療薬がアフニトールとアロマシンに替わり、現在、薬の効果と放射線(電子線)により、胸の乳がんも頭皮のがんも小さくなってきています。
 アフィニトールの副作用は、下痢、口内炎、皮膚障害、頭痛、鼻血、咳、たんが長く続きました。特に、口内炎は、食前、食後にきちんと口腔ケアをしているにもかかわらず、舌の先・上・下・横と出来ては治り、また直ぐに出来るという感じで、食べるのも話をするのも苦痛で、悩まされてきました。

●乳がんに負けない
 手術後14年。中学1年だった息子は、大学、大学院へと進学し、ボランティアサークル入り、今ではIT関係の仕事に就き、奨学金を返還しながら頑張っています。先月(7月)高校時代にもらった手紙に書いてあった「初ボーナスで家族旅行」を実行してくれて、家族を大阪に連れて行ってくれました。
 治療薬が変わって、8カ月たった今、口内炎ができる間隔が長くなってきた感じがします。
 いつまで、この薬が効果を発揮してくれるかは分かりませんが、希望をもって仕事も続けて、乳がんに負けないで頑張っていこうと思います。