HOMEお問い合わせ
あけぼの会事務局  〒812-0044 福岡県福岡市博多区千代5-1-4-620  TEL&FAX:092-651-1751(月~金10:00〜16:00)  akebonokai.since1978@gmail.com

巻頭記事

巻頭記事

【あけぼの栃木】講演会ーーー会場+オンライン同時配信の形式で 
         栗原みどり(あけぼの栃木代表)         《2020年12月9日更新》

2020年12月09日 更新

「迷ったらいつでも相談に来てください」と岩平先生<br>(画面左奥)zoomを担当してくださった阿部幸央社長「迷ったらいつでも相談に来てください」と岩平先生
(画面左奥)zoom担当してくださった阿部幸央社長
テーマ:「人工物による乳房再建―最新情報」
日時:2020年11月29日(日)
講師:岩平佳子先生(医療法人社団ブレストサージャリークリニック院長)

日頃から【あけぼの栃木】を支援してくだっているダスキンの(株)アベニュー、阿部幸央社長にzoomの担当をお願いしました。当日は、定員110名の大会議室に会場参加19名。まずはスタッフが机・椅子などを拭いて除菌、入り口で手指の消毒、非接触検温、間隔を置いて着席。室内3か所に除菌剤クレベリンを設置。後方ドアの開放。先生、スタッフにはマスクの他にフェイスシールド、というように感染対策に気を配りました。zoomは30名の事前申し込みがあり、その方たちには、阿部社長が丁寧に説明をしてくださいました。

講演は乳房再建の歴史から基礎、最新の情報まで、そして数多くの症例の紹介で、患者の役に立つ情報満載で、あっという間の1時間半でした。
昨年問題になったリンパ腫も、世界で733人(日本では1人)と発症率は低く、予後も良い。治療法は被膜とともにインプラントを抜去する。
再建方法による特徴(人工物・自家組織など)、一次二期の特徴・エキスパンダーには、幅・高さ・厚みなど36種類ある。正しいものが、正しい位置に入れば、きれいな胸ができる。エキスパンダーを長く置き過ぎないことが大事。1年以上で壊れる可能性大。
インプラントの現物を見せていただき、会場の人は実際に手に取って違いを見ました。

▲質問コーナーは事前に受け付けた質問の他、zoomの方からはチャットで質問し、先生にその場でお答えいただきました。参加者は顔を出しても出さなくてもOKにしました。

▲参加者からの感想
内容が充実していて、多くのことを知ることができ、今後の再建手術、これからの生活に参考になる色々なポイントを教えていただき、とても有意義なものでした。たくさんの写真や資料もわかりやすかったです。初めてのzoomでしたが、問題なく視聴させていただき、今、このような形式はとてもタイムリーでした。ありがとうございました。
再建に関する新情報が盛り沢山でわかりやすかったです。メリットばかりでなく、デメリット(被膜拘縮や壊死など)の説明もあり、とても信頼できる先生だと思いました。 
スライドも数多く見せてくださり、再建した時のイメージがよくわかり安心できたので、再建を考えている人にとってはとても参考になったと思います。 
平日は仕事や育児などでなかなか時間が取れない中、休日に自宅で講演が聞けて、大変助かりました。また最新情報を取り上げていただき、とても有意義な時間となりました。      akebonotochigi@yahoo.co.jp

【あけぼの東京】乳がん相談室←クリック  
  岩平先生への質問も受け付けています!