HOMEお問い合わせ支援企業リストサイトマップENGLISH
あけぼの会事務局  〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-4-701  TEL:03-3792-1204(月〜金 10:00〜16:00)  FAX:03-3792-1533  akebonoweb@m9.dion.ne.jp

Doctor of the Year

患者が選ぶ Doctor of the Year 2008

松江赤十字病院・乳腺外科部長
村田 陽子 先生

プロフィール

1982年鳥取大学医学部卒/2008年より現職〈資格〉日本乳癌学会乳腺専門医/日本外科学会専門医/日本臨床細胞学会専門医・指導医/日本がん治療認定医機構暫定教育医/検診マンモグラフィ読影認定医/NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会教育研修委員会読影委員

喜びの声

あけぼの会の皆様こんにちは。このたびは、Doctor of the Year 2008 を頂き、大変光栄に思っております。
尊敬する3 人の先生方の次に私にとはとても信じられず、半分呆然としておりましたが、日に日にうれしさをかみしめています。患者さんからいただく賞は、臨床医には本当に本当に、特別なものです。これから、この賞にふさわしい医師になるようにと皆様から励まされたと思って、また毎日の診療に力を尽くしたいと思います。重ねて御礼申し上げます。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

近 咲子さんの声  ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ウーマンズヘルス事業部 ジェネラルディレクター

村田陽子先生、このたびの『Doctor of the Year 2008』受賞、おめでとうございます。昨今、乳がんに対する意識が高まる中、現場で診療に携わる専門医の先生方は忙しさを増す一方です。乳がんの専門医が足りない中、村田先生は山陰で唯一の女性専門医として孤軍奮闘していらっしゃいます。日々臨床の現場で患者さんのためにがんばっていらっしゃる先生が、患者さんから選ばれたことは大変大きな価値があると思います。受賞なさった村田先生のご功績と、村田先生を選んだあけぼの会の慧眼は、どちらもすばらしいですね。私たち、ジョンソン・エンド・ジョンソンにとりましても、村田先生は昔からの応援団でした。早期確定診断のためのマンモトーム を、まだ保険もつかない段階で導入してくださったのです。患者さんのために本当に良い精密検査、高いレベルの診療を提供しようとする熱意がおありだからこそ、私たちのことも応援してくださっているのだと感じます。村田先生の益々のご活躍と、あけぼの会のご発展を願っております。

トロフィー提供:ジョンソン&ジョンソン社