HOMEお問い合わせ支援企業リストサイトマップENGLISH
あけぼの会事務局  〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-4-701  TEL:03-3792-1204(月〜金 10:30〜16:00)  FAX:03-3792-1533  akebonoweb@m9.dion.ne.jp

イベント情報

活動予定

「あけぼの会創立35周年記念講演会」 報告@

2013年09月01日
去る8月23日(金)、記念講演会は大成功、盛会のうちに終わりました。参加された全国のみなさん、ありがとう、成功は岩瀬先生と出演者と会場にいたあなたのおかげです。あの日、東京は35度、暑かったので、あと1週間あとにずらせばよかった、と悔いていたところ、1週間後の30日は何と36・8の猛暑、あれでよかった!助かった!でした。

●再発治療中8名がずらりと壇上に並び、めいめいがとても簡潔に病歴を紹介、現在どんな治療を受けているか、を話してくれました。みなさん、話し上手で、しかも再発の状況が異なるので、どのケースももっと知りたくなるような展開でした。何の予行演習もなしにあれだけできるなんて、とても賢い、立派でした。あなたがたは会の自慢、誇りです。

●最後の締めに先のこの欄で私が書いた「抗がん剤で殺されている人がいるのではないか」という極論を岩瀬先生にぶつける予定でしたが、壇上のみなさんが「決してあきらめない」「最後まで闘う」と静かなる闘志を述べているのに、無神経に聞こえる発言は避けるべきと判断して、急きょ、取り下げたのでした。パネリストの一人、静岡の金崎(かねざき)さんからのメールです。これを読んでいただければ、私の方針転換を納得してもらえると思います。〈会長:ワット隆子〉

●「檀上に上がることなどあまりない自分にとって 逃げ出したいくらいの思いでしたが、乳がんにならなければこんな事も体験できないと考え、何もかもご縁と思う事にしました。上がってしまい、きちんとお話ができなかったことなど反省しきりですが、今は、行ってよかった、と思っています。会長さんの司会進行はさすがで、上手く引出していただきました。深野副会長さんの柔和な表情を見ると少しずつ落ち着いてきました。皆さんの状況を知ると改めて、あけぼの会によって救われている事がわかりました。初対面なのに自然と会話ができることが素晴らしいと思います。岩瀬先生は平日にもかかわらず講演していただき又内容もわかりやすく、個々の質問にも苦慮しながら誠実に答えていただき、優しさが伝わってきました。本当にありがとうございました。今後も 気力、体力、経済力、打つ手がある間、応援してくれる人がいる間は 治療を続けていきたいと思います。又今後ともよろしくお願いいたします。〈静岡・金崎シズエ〉

全国からのパネリストの皆さん、向かって左から3人目金崎さん