HOMEお問い合わせ
あけぼの会事務局  〒812-0044 福岡県福岡市博多区千代5-1-4-620  TEL&FAX:092-651-1751(月~金10:00〜16:00)  akebonokai.since1978@gmail.com
みなさん、【東京】を応援してください!
            ワット隆子(名誉会長) 《2020年12月2日更新》

オンラインでつながる、22名の”あけぼのパワー”!<br>2020/11/15 代表者会議<br>北海道、秋田、栃木、群馬、埼玉、東京、神奈川、新潟、岐阜、静岡、愛知、三重、大阪、兵庫、奈良、鳥取、岡山、山口、徳島、香川、福岡からオンラインでつながる、22の”あけぼのパワー”!
(2020/11/15 代表者会議)
北海道、秋田、栃木、群馬、埼玉、東京、神奈川、新潟、岐阜、静岡、愛知、三重、大阪、兵庫、奈良、鳥取、岡山、山口、徳島、香川、福岡から

全国のみなさん、こんにちは!日本列島、寒くて暗い冬将軍の到来、コロナの冬が本格的に始まりましたね。寒気のせいか、GoToのせいか、感染が増える一方・・・パッと気が晴れない。気が沈む。お腹抱えて笑うこともとんとない。ハッピーではない。希望がない。体によくない、知らない間に免疫力が落ちるからです。こうなれば、みなで声かけ合って、元気確認し合うしかないでしょう。トランプが辞めてもコロナが止めてくれないと、ですよね。 

先回、星野さんが報告してくれましたが、‘全国あけぼの会オンライン大会’大成功、おめでとう!23県中、22県の代表さんが参加して、初体験の人もいたでしょうに、上手にやり遂げて、あけぼのオバサンパワー全開でしたね!前もってセッティングをし、進行中も的確なアドバイスでガイドしてくれた和崎さん、本当にご苦労さんでした。あなたナシではできなかった、とみなが口を揃えて言っています。

その時、話題に出た【あけぼの東京】ですが、他県に比べておとなしい。本部会員数387(独立県の会員は除く・2020/11現在)の内、東京会員は200名近くを占めているというのに。2018/11にあけぼの会本部事務所が閉められて、福岡に移り、東京は支部の形で活動開始して集まりも何度か持ったのですが、今年1月の〈ハウス〉を最後にプッツンになっていました。それまでお世話役を担ってくれていた大谷さんが今、お舅お姑さんの介護で手がいっぱいとのこと。急遽、大谷さん復帰までの間、代理で引き受けることになりました。

第一弾として、【あけぼの東京】乳がん相談室・Q&Aコーナーを開局いたします。感染を恐れてなかなか病院に行けないという人、今の治療に疑問がある人、何でも送ってください。みなさん、ご存じの著名な先生方がやさしくわかりやすく答えてくださいます。
先生方のお名前&所属:
・勝俣範之先生:日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科・教授・部長・外来化学療法室室長
・首藤昭彦先生:国立がん研究センター中央病院 乳腺外科長
・岩平佳子先生:医療法人社団 ブレストサージャリークリニック院長←乳房再建について
勝俣先生からのメッセージ:
「良い案と思いますよ。同じような質問も多いので、公開で良いと思います。」

あなたの質問疑問は他の人にも共通しているので、みなさんが知りたいと思います。個人情報厳守、匿名で、先生方のお答えと合わせて公表させていただきたいのでご了承ください。どんどん質問お待ちしています。―――送り先:akebonotokyo2020@gmail.com
・今後、みなさんの要望があればアドバイスの先生方を追加お願いする予定です 
・全国どの県からでもご相談、歓迎です

また感染予防を徹底させて、〈ハウス〉を開いて、という要望があれば言って下さい。   ワット takakowatt@gmail.com

 
三つの祈り 日本対がん協会賞 あけぼのハウス 母の日キャンペーン Doctor of the Year 各県リーダーの受賞 乳がん月間 ABCEF My Story がんのあと潔く生きる10か条