報告: 細田早巴子(あけぼの静岡)

日 時:6月29日(土)13:00~
会 場:静岡県男女共同参画センター「あざれあ」 4階第一会議室
参 加:12名(会員10名、新規会員2名)
講 師:山内裕子さん(あけぼの静岡会員・管理栄養士)

テーマ:「お宅のご飯は大丈夫?衛生面を見直してみよう」
・食中毒って何?
 食中毒はそもそもどのような要因で起こりやすくなるのか、
 食中毒の菌にはどのようなものがあるのか、
・予防について:「菌をつけない、ふやさない、やっつける」
        「日々の調理で気を付けること」
・手洗いは大丈夫?:手洗いのしかたの指導をしていただく

参加者からの感想
・暑い日が続いて食中毒も増えてくる季節になってきたため、毎日作る食事の事ですから、 改めて気をつけて調理しないとダメと意識しました。
・冷蔵庫を過信してはいけない。生物を扱う時はとにかくすぐに調理して、まな板、 包丁などは必要以上に洗浄することなど、とても勉強になりました。
・自分では、いつも手洗いをしっかりしていると思っていましたが、ブラックライトを使っての手洗いの実験で、まだまだ洗い残しがいっぱいあると実感しました。

また、今回は新規の会員さんが2名参加。
「同じ病気をした方に話を聞いていただけることがとても嬉しかったです。仲間がいるって素晴らしいですね。」
「啓発活動や勉強会など、これからぜひ参加したいと思います」との感想をいただきました。